自己アピールはほどほどに

不倫サイトでは、メールを通じて自分の事を知ってもらう際に、自己アピールを行います。
自己アピールは自分のいいところを相手に知ってもらうために、自分の事ばかり話す事になりますよね。
そのため、まだその男性の事を好きでもない状態で、自分の事ばかり語られてしまっても正直面白くないわけです。
それに話の内容も自己アピールという事は、自慢話でもあるわけです。
他人の自慢話なんて延々と聞かされて楽しいわけがありません。
本人は女性から好かれるために、自分は高学歴な大学を卒業し、大手企業に就職したエリートであるとアピールしているのかもしれません。確かにそのアプローチは、婚活目的の女性にとっては有効かもしれません。
ですが、その自己アピールが自慢話になってしまい、上から目線で話されてしまうと、ムカつきますよね。
なので、あくまでも自己アピールはほとほどでいいのです。
むしろ自己アピールという名の自慢話ばかり聞かされている女性にとっては、自分の事を語られるよりも、女性自身の話を聞いて欲しいと思っているはずです。
例えば趣味の話だったり、悩み事だったり、今日の出来事など他愛もない話だったりするかもしれません。
ですが、自分の話を聞いてくれる人に対して、女性は好感を持ちやすいわけです。
なので、もし自己アピールをしているのに、全く色よい返事がこない、そんな場合は相手の話を聞く事にシフトチャンジすれば、上手くいくようになるかもしれません。

こちらも読まれています

  • サクラが存在しないサイトはないサクラが存在しないサイトはない 不倫サイトを利用する際に、サクラには関わりたくないですよね。 そのためサクラが存在しない優良サイトに登録したい、そう思う人もいるでしょう。 しかし、サクラが存在しない優良サイトを探していたら、不倫サイト探しだけで時間がかかってしまいます。 なぜならそれほどサクラの数は多くはあり […]